中国 鄭州・麗江・肇慶の旅。中編(2011年4月)

2011-04-30
今回の訪中の目的は殷虚遺跡(2回目)で、甲骨文字をもう一度見たいという思いと 東巴文字簡易字典作成の為の第1次校正をすること、そして肇慶に劉演良老師を尋ね 老坑などの現況を知ることであった。

5日 鄭州・商代遺跡の見学

午前中に河南省博物館(河南省で出土したものを展示)に向かってホテルを出発。 現地について分かった事だが、残念な事に館内修復のため閉館していた。 予定を変更して、河南省北部の開封まで1時間で行くと言うので向かう。 市内を一巡りした後、鄭州に戻り昼食を済まして商代遺跡の城壁を見学。 【鄭州商代城壁跡入口。】 この城壁、今はただの土手のようになっており子供達の格好の遊び場になっている。 また、遊歩道にもなっているが、長さは7kmもあるという。 【城壁の上。周囲は市街地でアパートが立ち並ぶ。】 河南省博物館の見学が出来なかったのは非常に心残りだが仕方が無い。 広州へ向かうため空港に向かう。 飛行機は定時に離陸し、予定より早く広州に到着した。 広州につくと、いつもはムッとするほど暑さを感じるのだが 今日はそんなに感じなかった。 ホテルは恒例のスワンホテルである。 本来なら、鄭州から麗江へ飛ぶのが早道だったのだが、昨秋成都から麗江に 向かう折、空港で30時間も足止めを喰らったことから、なるべく内陸の 飛行機は避けることにした。

6日 雲南省麗江へ

9時にホテルを出発し麗江に行くため空港へ向かう。 相変わらず広州の空はスモッグが掛かったようではっきりとしない。 飛行機は昆明を経由し、20分遅れで麗江に着いた。 麗江の空港は新空港へと一変していた。昨秋来た時に新しい空港の建物が 当時の空港の建物の隣に見えてはいたのだが、大規模の空港になっているとは 思わなかった。 ガイドは女性で、納西族の王鳳琴さん。日本語がかなり上手だと思っていたら 3年間研修生として静岡の水産会社で働いていたことがあるとの事。 空港から麗江市街地へ向かう道路は大理からの高速道路建設工事中で、道幅も 拡張されているが、車が通るのも困難なくらいデコボコで砂埃がひどい。 この高速道路は麗江から更にチベット自治州のシャングリラまで延長されるのだという。 私が初めて麗江を訪れたのは2007年3月で、以来7回目となる。その都度 当ホームページで紹介させて頂いているが来る度に変わってきている。 宿泊するのは官房大酒店で、いつも利用するホテルである。到着後ガイドの王さんと 明日以降のスケジュールの打ち合わせをする。 7日は今回も東巴文字についての指導・助言を受ける和麗宝氏の都合で17時まで 作業が出来ないので、その後3時間ほどホテルのビジネスセンターを借りて作業を 行うことにする。 8日は終日と、9日は午前中までで作業を終わらせる予定である。

7日 麗江見物

10時から麗江見物に。何度も来ているので特に目新しいものは無いが ガイドの王さんの友人がいる茶房でお茶を飲んだり、いつもの篆刻の店で 東巴文字を刻してもらうなどして過ごし、17時前にホテルへ戻る。 【街路樹の間から見る玉龍雪山もまた美しい。】 【麗江市街路樹。咲いているのは桜と言っていたが日本の桜とは少し違うようである。満開で、きれいだ。】 【古城の入口にある水車。右に見えるのは文化遺産の石碑。】 【古城と言っても城ではない。数千軒の昔からの商店街である。】 【古城内。】 【古城市街。】 いい天気に恵まれた1日であった。

8日、9日の午前中 東巴文字の文訳・校正

【まだ街灯が点灯する夜明け前の玉龍雪山。】 朝8時半から17時まで、文訳・校正の作業を行った。思いのほか作業ははかどり 8日の予定が早く済んだ。9日も8時半から始め、11時には終了する事が出来た。 【作業風景。左からガイドの王さん、小生、和氏。】 【作業風景。】 昼食をとり空港へ向かう。少し早いが道が悪路でもあるので早く出発する事に。 やはり車は大揺れで、運転も大変のようだ。 【沿道の菜の花。】 【道路建設工事中。車を止められないので車中から】 【道路建設工事中。】 新空港のカウンターは広々としていて、今までは混雑していたロビーも 人がまばらに見えるほどに。 【新しい麗江空港の入口。】 麗江から広州へは25分遅れで到着。広州でのガイドは李さん。このところ 李さんのガイドが多い。 良くしてくれるので安心である。6日は里帰りしていた との事だった。 宿泊はやはりスワンホテルである。到着は21時近かった。 以降、後編に続く。
[`yahoo` not found]

いいね! (No Ratings Yet)
読み込み中...
Copyright(c) 2013 田代俊嶽 書・クリエイト東巴文字の世界 ホームギャラリー All Rights Reserved.