Posts Tagged ‘麗江’

中国 麗江3泊4日の旅。(2012年8月31日より)

2012-08-31
8月31日(金)広州行き福岡空港、中国南方航空機にて 、17時40分遅れて出航。 広州発、中国行きひ何時ものことであるが、広州日着いた のが19時35分(時差1時間)日本時間20時35分、 ℃29°と機内案内があった。この機は122名定員で、 お客は40名で少なかった。広州空港日はガイドの謝さん が迎えに来ていた。広州は40回ぐらい経由しているが初 めてのガイドであった。日中広州は37℃あったといって いた 。白雲国際空港こら、花園酒店ホテルまで高速を通 って約40分で、ガーデンホテル着いたのが20時40分 。 (さらに…)

中国 麗江の旅。(2011年9月)

2011-09-30
9月19日(月)福岡から広州を経由して9月23日(金)まで麗江へ。 といっても、往・復の2日間は広州泊まりで、他に移動などもあり本格的に活動できたのは21日のみでした。 今回の訪中の目的は、来年始め頃出版予定の『中国・納西実用簡易トンパ文字字典』の最終校正を行う為でした。 麗江の和麗宝氏の協力のお陰で仕事も順調に終わることが出来ました。 麗江は行く度に新たに変わっていました。具体的に記述すると ・空港のリニューアル。 ・昆明-麗江間の鉄道が開通。 ・大理-麗江間の高速道路の建設がちゃくちゃくと進められて、将来は麗江からシャングリラまでの高速道路が予定。 ・本年中に空港から麗江市内への高速道路が完成予定。 現在は日本からの観光旅行者は少ないとのことで、実際広州からの機内でも日本人は見ませんでした。 現在までに麗江には7度訪問しましたが、今回は雨期に入っており、玉龍雪山はその全貌を現すことはありませんでした。 【ホテル官房酒店のビジネスセンターを借り、作業を終えて。右からトンパ継承者・東巴博物院研究員の和氏。小生、 ガイドの揚さん。】 (さらに…)

中国 鄭州・麗江・肇慶の旅。後編(2011年4月)

2011-04-30
今回の訪中の目的は殷虚遺跡(2回目)で、甲骨文字をもう一度見たいという思いと 東巴文字簡易字典作成の為の第1次校正をすること、そして肇慶に劉演良老師を尋ね 老坑などの現況を知ることであった。

10日 肇慶・劉老師宅にて

10日は肇慶帰りで朝が早い。 8時30分にホテルを出発。肇慶まで120km。 広州市内を出るまでが時間が掛かる。途中から電話で打ち合わせをしていた。 華僑大厦に着いたのが10時10分頃。思ったよりも早かった。 そこには劉紅さん姉妹が迎えに来てくれていた。 ここで、李さんと運転手とは昼食のレストランで合流する事にして 劉老師宅へ自家用車で行く事になった。 家では劉老師と奥様が、いつもの笑顔で出迎えてくれた。 【劉老師宅にて。】 (さらに…)

中国 鄭州・麗江・肇慶の旅。中編(2011年4月)

2011-04-30
今回の訪中の目的は殷虚遺跡(2回目)で、甲骨文字をもう一度見たいという思いと 東巴文字簡易字典作成の為の第1次校正をすること、そして肇慶に劉演良老師を尋ね 老坑などの現況を知ることであった。

5日 鄭州・商代遺跡の見学

午前中に河南省博物館(河南省で出土したものを展示)に向かってホテルを出発。 現地について分かった事だが、残念な事に館内修復のため閉館していた。 予定を変更して、河南省北部の開封まで1時間で行くと言うので向かう。 市内を一巡りした後、鄭州に戻り昼食を済まして商代遺跡の城壁を見学。 【鄭州商代城壁跡入口。】 (さらに…)

中国 鄭州・麗江・肇慶の旅。前編(2011年4月)

2011-04-30
今回の訪中の目的は殷虚遺跡(2回目)で、甲骨文字をもう一度見たいという思いと東巴文字簡易字典作成の為の第1次校正をすること、そして肇慶に劉演良老師を尋ね、老坑などの現況を知ることであった。

4月3日・福岡から大連

福岡から大連を経由して鄭州に向かうのであるが、大連では1泊する為 午後に到着し、大連の港にある老虎漂を見学。海からの風は冷たく寒い。 【大連の海岸にある公園。石像・老虎漂】 (さらに…)

中国 成都、麗江、肇慶へ 後編。(2010年9月)

2010-10-30
今回の訪中は九月十九日・福岡から大連に飛んで山東省済南を経由して四川省成都-雲南省麗江-広東省肇慶と二十五日までの間、中国を縦断するような旅であった。 (さらに…)

中国 成都、麗江、肇慶へ前編。(2010年9月)

2010-09-30
今回の訪中は九月十九日・福岡から大連に飛んで山東省済南を経由して四川省成都-雲南省麗江-広東省肇慶と二十五日まで中国を縦断するような旅であった。 (さらに…)

麗江訪問 (2010年4月)

2010-04-30

麗江へ

4月16日から20日まで中国雲南省麗江へ、久しぶりの(万博直前の)上海経由で行く事になりました。 (さらに…)
Copyright(c) 2013 田代俊嶽 書・クリエイト東巴文字の世界 ホームギャラリー All Rights Reserved.